お得なガソリンカードNo.1決定!

ガソリンカードを知る!

二種類のガソリンカード

ガソリンカードには2種類のカードが存在しています。

大きく分けて、石油元売会社が出すガソリンカードとクレジットカード会社が出すガソリンカードがあります。

その違いは、石油元売会社が出すガソリンカードは、クレジットカード会社と提携してカードを発行しています。

特徴として、石油元売会社のカードはガソリンスタンドでよく見かける出光やエネオスなど石油元売会社のマークがカードに使われていることが多いので、わかりやすいと思われます。

石油元売会社のガソリンカードの強みと弱み

石油元売会社が出すガソリンカードの一番のメリットといえば、やはりガソリンスタンドでガソリンを購入する際にいくらか安く購入できるシステムでしょう。

それだけでなく、カード利用の請求時にさらに安くしてくれて、ポイントまでつけてくれるので石油元売会社のガソリンスタンドでガソリンカードを使用するのなら、サービス満点なのです。

しかし、支店のガソリンスタンドによってガソリンの値引きする金額はまちまちで、大きく得できるガソリンスタンドの数はごく少数となってきます。

だから、お得なガソリンスタンドがいつも行くガソリンスタンドであれば、言うこと無いのですが、そうでないのなら、あまりお得度は高くないかもしれません。

それに反してクレジットカード会社が出しているガソリンカードの方では、ガソリンの値引きはあまり期待できないものの、ポイント還元や、出先での買い物には力を発揮するカードです。

しかも、石油元売会社のガソリンカードの弱みは、他の支店でのガソリンスタンドでは値引きサービスが行なわれないことですが、クレジットカード会社のガソリンカードでは、ポイント還元や他のサービスは、何処のガソリンスタンドでも同じように受けることが出来ます。

これなら、長距離運転していて、急にガソリンが必要になっても焦ることなく、一番近くのガソリンスタンドへ飛び込めば良いのです。

このように、何も考えずに使えるという点ではクレジットカード会社が発行するガソリンカードのほうが気楽で便利に使えます。

どちらのガソリンカードを持てば便利かは、持つ人の生活スタイルを考えればわかってくるので、良く考えて、お得なほうのガソリンカードを持ってカーライフを充実させましょう!